初めての妊娠で初期流産を経験した天使ママです。OHSS&抗核抗体陽性!不育症治療を続けて2010年4月に3,020gの女の子を無事出産しました。お気軽にコメント残してくださいね。


by 20071013

カテゴリ:出産(ユカ編)( 12 )

不育症で二人の天使ママです。
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠。
2010年春に長女を出産、2011年夏に次女を
無事に出産しました。
これからは年子姉妹育児のことを中心に書いていきます。


読みたくない方はここまででスルーしてください。


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*



出産記録4の続きで、今回の妊娠出産を振り返ってみて
書いてみようと思います。
お時間のある方、お付き合いください。


自然に陣痛が来るのを待ちたかったけれど母子の安全と
いうことで誘発になりました。
私が不育症でなければ・・・という気持ちがあった
けれど、無事に出産できるならば。

産後、先生が話していたのを聞いた(聞こえた)のを
思い出してみると、自然に陣痛を待っていたら赤ちゃんが
大きくなりすぎてしまっていただろうと。
臍帯を肩にかけていたこと、羊水が多かったことで
赤ちゃんが下がりにくくなっていたそうです。
週数が進んで赤ちゃんが成長すればするほど下がりにくく
なっていただろうし誘発でよかったと。
そっか、これでよかったのかと思いました。

誘発での出産だったので、朝入院して午後に出産。
長女の時は夕方破水して明け方の出産だったので、その時より
体は楽でした。
この年になってオールナイトは無理なので(^^;
そして平日昼間の出産で、病院側の体制も整っていました。
あと料金も直接払い制度を利用して、数千円の追加だけで
すみました。

後腹は二人目以降が辛いとよく聞きますが、それは
本当でした。
ミーナの時は時間が長かった(と言っても7時間40分)ので
全身の筋肉痛はあったけれど、子宮の収縮痛はそれほど
でもなかった。
今回は時間は短かった(約4時間)ので、筋肉痛は
なかったけれど、収縮痛は比べ物にならないくらいでした。
あまりの痛さに痛みどめをもらい使ったほど。
陣痛よりも辛かったかもしれません。
って、陣痛の痛みはすでに忘れてますが(笑)



お空にいる2人の天使たち。
最初に来てくれたモモ。
あの子が不育症を教えてくれた。
私たちの第一子。

長女(ミーナ)と一緒ん来てくれた、ふーちゃん。
あの子がいたからミーナは無事に産まれてきてくれた。
私たちの第二子。

ようやく抱っこすることができたミーナ(長女)。
ミーナがいるから頑張れることがたくさん。
一緒に成長することができる。
私たちの第三子。

そして今回生まれてきてくれたユカ(次女)。
どんな女の子に成長するのか楽しみ。
お姉ちゃんと一緒に、お父さんお母さんと一緒に
成長しようね。
私たちの第四子。

こんなにたくさんの子どもたち。
とっても幸せです。


たぶん、今回の妊娠出産が私にとっての最後の
妊娠出産となると思います。
今のところその予定です。
もし授かれば出産します。
でも、私の中では子どもは二人という気持ちがあって
たぶんこれが最後。
これから先、気持ちがかわればわかりませんが。
あと夫ともちゃんと話をしないとね。

私たち夫婦にこんなに素晴らしい機会を与えてくれた
子どもたちに感謝して、これからの育児を頑張って
いこうと思います。


出産の翌日、処方されていたサイレイトウの最後の
1包を飲み終えました。
この漢方薬のおかげでミーナとユカを無事に出産できた
んだと思うと本当に感謝感謝です。
たぶん、もう服用することはないんだろうな。

不育症の検査をしてくれて、ミーナの時もユカの時も
妊娠前から出産までずっとお世話になった主治医。
厳しいし時々???と思うこともあるけれど、この
先生を主治医にしてよかったと思います。
これからは私のかかりつけ婦人科、ミーナとユカの
かかりつけ小児科としてお世話になります。
待ちの小さな産婦人科がこれからも続いて、産婦人科医が
減っている世の中頑張ってほしいです。
って、主治医は70歳オーバー。
いつまで現役で頑張ってくれるかなぁ。
娘たちが小児科を卒業するまで頑張ってほしいけどなー。

出産した病院の助産師さんたち。
みなさんいつも笑顔で、私が不安な時は寄り添い励まして
くださいました。
何もわからないミーナ出産時は「あと1時間で赤ちゃん出るよ」
とか自分の時はこうだったとか具体的にアドバイスしてくれて。
今回は「(赤ちゃん)出していい!私が取り上げてあげる」と
医師がなかなか来なくて不安になってる私に声をかけてスタンバイ
してくれました。
私たち家族のフルネームを覚えていて、ミーナに至っては
全員が月齢まで把握してくれてる。
厳しい先生だけど、助産師さんの優しさに何度救われたか。
本当に感謝しています。

一番近くで支えてくれた夫。
イライラすることもあるけれど、この人の子どもが産みたいと
思って結婚。
その夢をかなえることができました。
出産がゴールじゃなくこれから始まる育児のスタート。
これからもイライラすることもあると思うけれど、
頑張って行こうとおもいます。
スイーツの日結婚月記念日はもちろん続けます!
そうそう、7月の月記念日はユカ出産の日となりました。
後日、夫からシュークリームが届きました(^^)
ミーナの時も分娩室でスイーツ食べたっけなぁ。

そして両親。
もうずっと助けてもらいっぱなし。
里帰りしてるからホントお世話になってます。
里帰り期間が終わってからもしばらくは手伝いに来て
くれるってことだし。
本当に感謝しなくちゃね。



あれこれ思うことがあってまとまらず。
長くなっただけでまとめることができていませんが、
ユカ妊娠出産に関しての記事はこれで一区切りとします。

これからはミーナ&ユカの年子姉妹育児についてと
私個人のことが中心になるかな。
あ、鬼嫁記事も増えそうな予感。
どうかこれからもよろしくお願いします。



e0167373_1092095.jpg



生後2日目のユカです。
これからよろしくお願いします。



最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-08-03 13:40 | 出産(ユカ編)
不育症で二人の天使ママです。
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠。
2010年春に長女を出産、2011年夏に次女を
無事に出産しました。
これからは年子姉妹育児のことを中心に書いていきます。


読みたくない方はここまででスルーしてください。


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*



出産記録3の続きで、今回の妊娠出産を振り返ってみて
書いてみようと思います。
お時間のある方、お付き合いください。


今回の妊娠が判明したのが2010年11月。
ミーナ(長女)が生後7ヶ月になる前のことでした。
妊娠することは医師からのOKが出ていたし、もう一人
出産したいという気持ちがあったのでとてもうれしかった。
陽性反応が出てすぐ病院へ行き、その日から断乳。
(その時の記事→陽性反応後の受診

断乳は私にとっては辛いものでした。
ミーナに何度も謝ったっけ。
でも謝り続けるとお腹の赤ちゃんに申し訳ないような
気がして、「一緒に頑張ろう」とミーナに語りかけ
続けました。
(その時の記事→「ごめんね」のかわりに「一緒に頑張ろう」を

病院へ行った次の日には両親へ報告。
早すぎと思いましたが、これから助けてもらうことが
増えるし、夫と相談して気まま下。
幸い、悪阻も軽かったので長女がいての妊娠でしたが、
妊娠期間がしんどかったという記憶はありません。
断乳後はケアに通うべきか迷いましたが、結局妊婦を
受け入れてくれるところが見つかる前に断乳完了。
(その時の記事→断乳後のケアって・・・
なんとか自力で搾乳をして、今回も次女に授乳が
できています。
断乳したことについて、本当にこれでよかったのかと
思うこともありましたが、これでよかったんだと思います。
断乳したから今があるんだ、次女を抱っこすることができた
んじゃないかと思います。
それに夜中の授乳もしなくていいので、ぐっすり眠れたし
これでよかったんだと思います。
(その時の記事→完ミにしてよかった

妊娠初期、中期は大きなトラブルもなく過ごすことが
できました。
そういえば出血も1度もなく安静指示もなかったっけ。
中期の間に引越しもしました。
後期に入ってからは2度逆子になり、治療のお灸で火傷。
傷は今も残っていて薬を塗っています。

そしてなんといっても34週で子宮頸管無力症と診断されて
手術をした9ヶ月後半は忘れられません。
(その時の記事→妊婦健診【34w6d】~子宮頸管無力症!?~
この時期に子宮頸管縫縮術を受けることってどうなんだろうと
考えましたが、二人目ということで安静にもできない、
出産まで入院することも難しい。
手術を受けるしかないと納得することにしました。
(その時の記事→入院当日の朝です【35w1d子宮頸管縫縮術をふりかえって

術後は良好で、正期産になった1週間後には抜糸。
陣痛待ち。
前駆陣痛はあるものの、本陣痛にはつながらず。
散歩やスクワット、オロナミンCも飲んだけど効果なし。
結局、誘発での出産となりました。

どんな方法であれ出産は出産。
でも誘発での出産ということを受け入れると言うか納得
するまでに時間がかかりました。
(その時の記事→誘発出産に向けて気持ちの整理【39w2d】
子宮頸管縫縮術はベストな選択だったのかという疑問は
今でもありますが、あれがあったから今の私たち家族が
いると思うことにしています。
これまでしてきた選択の結果が「今」。
次女を無事に出産できたことは本当に幸せなこと。
なので私たちのしてきた選択は間違ってなかった、
そう思います。








最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-08-03 12:59 | 出産(ユカ編)
不育症で二人の天使ママです。
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠。
2010年春に長女を出産、2011年夏に次女を
無事に出産しました。
これからは年子姉妹育児のことを中心に書いていきます。


読みたくない方はここまででスルーしてください。


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*



出産記録2の続きです


14:06 女の子誕生
     すぐに胸のところへ連れてきてくれました。
     赤い顔で泣く娘。
     ホッとしました。

    赤ちゃんは診察を受けたりお風呂に入ったり

    母体の処置
    (胎盤を出す、会陰の傷口を縫うなど)

14:35 カンガルーケア

     夫は病室へ戻って両実家へ報告の電話
     →一度帰宅してから1時間後位に来る

16:10 歩いて病室へ移動して休息
     産後ハイのため眠れず夫と今回の出産のことを
     話す
   
16:30 両親と娘が会いに来てくれる
    
17:30 夕食

18:00 義家族が面会に来る

21:00 よく眠れるように鎮静剤を打ってもらう
    消灯



娘が誕生して本当にホッとして。
夫と「(無事に産まれて)よかったね」と何度も
話をしました。
夫からは「ありがとう」と言ってもらい、涙が
こぼれました。
次女を抱っこした瞬間、この時を待っていたんだと
改めて思って、それと同時に抱っこすることができな
かったお空の天使たちを想いました。


会陰は切開が間に合わなかったのか、切らなくても
大丈夫と判断したからか切っていませんでした。
でも裂けてて3針だったか縫うことに。
後で助産師さんに聞くと、裂けた個所は3針だけど
他にも縫ってはないけど、かすり傷のようなものが
何箇所かあったようです。
縫う時は麻酔をしていましたが、痛みがあって
今回も「痛い!」と言ってました(^^;

出産後30分以内にカンガルーケアをということで
助産師さんが時計を気にしながら赤ちゃんを連れて
きてくれました。
次女はとってもお腹が空いていたのか、自分でパイを
探して吸いついていました。
吸う力も強くて痛いくらい。
しばらく吸って(出てないけど)から2時間ほどは
一緒に過ごしました。

次女を抱っこしたまま助産師さんの様子を眺めていて
胎盤を計っていたので聞いてみると641gあり、
大きめだったようです。
臍帯も長く、そのためグルグル回ることができて
臨月目前で逆子になったのではないかと。
それと、生まれた時に臍帯を肩にかけていたので
それもあってなかなか下りてこられなかったようです。
そういえば長女も臍帯が長くて肩にかけてたっけ。

大きいかもしれないと言われていた体重は3,190g。
もっと大きいのかも(3,500g以上)と思っていたので
あ、そんなもんかと。
(姪っ子3,600g、甥っ子4,100gで姉は二人とも普通
分娩で出産していました)
大きめと言えば大きめなのかな。
羊水もどうやら多かったようですが、羊水過多の診断が
つくほどではなく、あくまで「多め」ということでした。


両親と娘が会いに来てくれた時、産後ハイで普通に
会話ができていました。
でも義家族が来てくれた時は、疲れか貧血なのか
座っているのがやっとの状態。
その日の夜は疲れはあるけれど眠れそうになかったので
鎮静剤を打ってもらいましたが、それでもあまり眠れず
朝を迎えました。



今回の出産についての流れはこんな感じでした。
次の記事でまとめて出産記録は終わりにします。
もう少しお付き合いください。






最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-07-27 16:22 | 出産(ユカ編)
不育症で二人の天使ママです。
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠。
2010年春に長女を出産、2011年夏に次女を
無事に出産しました。
これからは年子姉妹育児のことを中心に書いていきます。


読みたくない方はここまででスルーしてください。


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*



出産記録1の続き


11:20 分娩室へ入る

11:30 医師の診察
     子宮口は3指半くらい
     赤ちゃんはおりてきていない
    人口破膜
     暖かい羊水が出てきてなんとなく気持ちよかったと
     いうかお腹の圧が抜けたような感じでした。


    1分半間隔の陣痛

12:20 分娩室で昼食
      食べたいものを言っていいということでおにぎりを
リクエスト。いつも食事を準備してくれる院長夫人が
      ご飯がなかったのか近くのお店(なぜかパン屋)で
      おにぎりとちょこっとおかずが入ったパックを買って
      きてくれる。


13:00 いきみたい感じになってくる
     陣痛間隔はかわらず1分半のまま
      赤ちゃんは陣痛がくるとおりてくるけれど
      治まると戻るを繰りかえす


13:58 排臨

14:00 全開
    医師登場

14:06 女の子誕生



分娩室へ移動してすぐ破膜。
その時に出てきた羊水が見えましたが、血液が混ざって
いたので赤くてビックリ。
羊水の量を見て医師が「多めだったか~だから赤ちゃん
おりてきにくいのかも」と。
羊水過多ではないけれど、どちらかというと多めだった
ようです。

お昼頃、院長夫人が「○○さん(私)どう?お腹すいてない?」
と分娩室へ来てくれたのにはビックリ。
中へは入らないけど、入口から普通に声かけてきました(^^;
食事は普通に入院用の食事が部屋に運ばれて夫が食べるんだと
思っていたら好きな物を準備してくれました。
産後、院長夫人が「あなた、おにぎりをリクエストして
食べるから偉いわ~だから早く生まれたのね」と。
陣痛中って食べられない人が多いのかな。
食い意地張ってます(≧▽≦;)

陣痛が来て、赤ちゃんがおりてくるけど戻るを
繰り返している時が一番しんどかったです。
赤ちゃんの頭がはさまってるのがわかるけど、
陣痛が治まると戻るのもわかる。
苦しいだろうなと必死で呼吸して酸素を送る
ことだけを考えていました。

分娩室へ入って2時間くらいになる頃、導尿をしましたが
全く1滴も出ず。
赤ちゃんの頭が圧迫していたようです。
陣痛が治まると出てました、ハズカシイ。
止められないし、止まらないし、陣痛を逃すので精いっぱい。
そこまで考えられませんでしたが冷静になるとすごい
ことを・・・記憶から消したい!
でも記録に書いてる(≧▽≦;)

最後は本当にあっという間に進みました。
まだ1時間はかかるだろうと思っていたら10分くらいで
進んでてビックリ。
助産師さんは「経産婦さんだもんねー」と笑いながら
脚にカバーをつけたり点滴入れたりバタバタ。

全開になってからも本当に早くて。
先生はお昼休みで隣の自宅にいたから間に合わないかと
思いました。
最後の最後、自分でももう生まれるってわかる時。
先生はいないけど助産師さんが上手にリードしてくれて
いました。
思わず「もう出る」と言うと

「出して!我慢できんでしょ。出さないと!そのために
 頑張ってるんでしょ。我慢しなくていいから。
 私、切れないけど取り上げることはできるから大丈夫!」

と力強く言ってくれました。
そうよね、先生いないから出産しちゃダメってわけじゃ
ないし。
よし、次の陣痛で!!
って思っていたら先生登場。
でも、のんびり手袋つけながら「思ったより早かったなー」
って笑ってる・・・。
それまでは我慢して声出さないようにしてたけど、
「う゛~~~~」って唸り声を出してしまいました。
ま、それで先生はちょっと慌てて出産の瞬間に助産師さんと
バトンタッチできたんだけど。


最後に1回いきんで後は短い呼吸。
赤ちゃんの頭が出てきたのが見えました。
でもそこでストップ。
肩がひっかかってたみたいで、先生は先に赤ちゃんの鼻から
羊水を抜いていました。
え、先に羊水抜くんだ。
肩を出してくれないの?
私、痛いんですけど・・・。
と思うこと数秒。
ドルゥンと言うか何と言うか、表現できないけど
赤ちゃんが出てきました。

すぐに産声をあげてくれて一安心。
でも赤ちゃんの顔は紫色、心配しましたがすぐ赤くなり
元気に手足を動かしていて今度こそ一安心。
もう何も言うことはなく、ただただ赤ちゃんの様子を
見ていました。


長くなるので続きはまた今度。






最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-07-23 15:46 | 出産(ユカ編)
不育症で二人の天使ママです。
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠。
2010年春に長女を出産、2011年夏に次女を
無事に出産しました。
これからは年子姉妹育児のことを中心に書いていきます。


読みたくない方はここまででスルーしてください。


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*




お久しぶりです。
退院後、里帰りをして実家でお世話になっています。
産後の体調はボチボチ。
入院中に子宮の収縮痛も治まり、悪露も少なくなって
きています。
ミーナは抱っこの要求が増え、私にくっついてくる
ようになっていますが頑張っています。
ユカはよく寝てくれる方かな、今のところ。
それでも二人同時に寝てることは少なくて、なかなか
私も一緒に昼寝は無理。
二人目育児、思っていた以上に体力勝負となりそうです。

自分の記録のために、忘れないうちに出産記録を
書いておこうと思います。
今回の出産入院時、ミーナの時の出産記録を読み返して
「今日は○○がある日だ」とか確認していたから残して
おくもんだなーと。



早速ですが、ユカ出産時の記録です。


20011.7.13

7:40 両親が自宅へ来てくれる
    実家へ預ける荷物を確認
    これからの予定を確認
8:10 ミーナをお願いして夫と病院へ

8:20 病院着、入院
    赤ちゃんの心音チェック
    血圧、体重測定、検温
    浣腸
     浣腸しました、いつぶりだ??
     でもあまり出なかったので分娩台で
     出るんじゃないかとドキドキ


    病室へ移動して着替えて再び診察室へ

8:30 陣痛を起こす薬1錠服用
     剃毛、バルーン挿入
     注射(子宮を柔らかくする&抗生物質)
     バルーンは使わないと聞いていたので驚きましたが
     それだけ子宮口が開いてなかったってこと。
     痛かったけど必死にこらえました。


9:30 病室で陣痛待ち
     3分間隔の陣痛がすぐに来る
 間隔を測るのは夫の役目!
      それ以外は退屈でのんびりコーヒー飲み
      ながら雑誌を読んでてちょっとイラッ!


10:00 2分間隔の陣痛
     痛みが楽になった?と思ったら・・・

11:15 病室に手医師の診察
     バルーンが抜けたのでトイレを済ませて
     分娩室へ移動




誘発分娩の可能性を医師から告げられ戸惑いも
あったけれど、当日の朝は落ち着いていました。
1年3ヶ月前、ミーナを出産した時のことを思い
出してウキウキもしてたっけ。

誘発の薬を飲んですぐ3分間隔の陣痛が来た
のにはビックリ!
最初から「お腹の張り」ではなく陣痛と分かる
痛みもあったので、さすが(?)薬だなと。

入院したのは今回も個室(病院の方針で原則個室)
陣痛間隔を計る以外することがなかった夫は雑誌を
読んで一人リラックス。
私はバルーンもあって思うように動けないから
ベッドでひたすら陣痛に耐える。
その夫の姿にイラッとしたけど、陣痛でそれどころ
じゃなかった。

薬を飲んでからは助産師さんが30分ごとに赤ちゃんの
心音チェックに来てくれたので心強かったなぁ。
ちょっと気になることがあると気軽に相談できたし
今回の助産師さんも自分の経験も交えながら
お産の進み具合を説明してくれました。
自分の体で起きていることだけど、これからどうなる
のか想像がつかないしホント嬉しかった。
そしてなぜか助産師さんが優しくお腹をなでると
痛みが軽くなったような。
陣痛が来てる時、夫には触られたくなかったのに
不思議です(笑)



では、続きは出産記録2で。







最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-07-23 15:42 | 出産(ユカ編)
不育症で二人の天使ママです
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠
2010年春に娘を出産し、これからは育児のことも
書いていきます

2010年秋、陽性反応があり胎嚢確認
その後の記事もあります

読みたくない方はここまででスルーしてください


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*




台風が接近しているようですね。
私の住む地方も雨風が強くなってきました。
大きな被害が出ませんように。


今朝起きた時から右パイが痛いような違和感。
懐かしい感じ。
だいぶ母乳が出るようになって張っていました(^O^)
今朝9時からはミルクを足すのをやめて昼間は母乳オンリーに。
夜はぐっすり寝てほしいからミルクを少し足してみます。
ミーナの時も退院の日からこのリズムで、1週間後には夜も完母に。
ユカもそうなればいいな。
今はまだ母乳だけでは十分でないようで、1〜2時間ごとの授乳です。
ミーナへの最後の授乳から8ヶ月、我が子へ授乳できる幸せをかみしめて
完母目指して頑張ります!


昨日、ユカの退院前診察がありました。
結果は問題なく、今日(7月19日)母子揃って退院することとなりました。
夫が迎えに来てくれて、先生や助産師さん、受付の方に三人でご挨拶。

台風の中、無事に退院して里帰りしました。
実家でミーナと家族4人プラスジジババとの生活が始まります。
ミーナもユカも大事な子ども、愛情いっぱい育てます。

さて、これから始まる年子姉妹育児、どうなるこてやら…こうご期待!?



最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-07-19 16:19 | 出産(ユカ編)
不育症で二人の天使ママです
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠
2010年春に娘を出産し、これからは育児のことも
書いていきます

2010年秋、陽性反応があり胎嚢確認
その後の記事もあります

読みたくない方はここまででスルーしてください


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*




台風接近中、夜中から雨が降っています。
大きな台風のようですが、被害がないことを祈るばかりです。


今朝起きた時になんとなく胸が痛いというか懐かしい感じ。
少し張っていました。
前の日より少し多くはなったけど、まだまだ娘のお腹を満たすほどは分泌されず。
しばらくはマッサージしつつ混合でがんばります。


妊娠中から考えていた名前。
あーでもない、こーでもないを繰り返し繰り返し。
いくつも候補を出して、一応字画も調べて。
何度も見直して、候補を絞り検討を重ねました。
一つの名前が最終的に残ったので、後は生まれた時に顔を見て決定することに
していました。

無事に出産を終え、落ち着いた15日(金)。
仕事帰りに来てくれた夫と二人で再度検討して名前を決定、出生届を提出。
連休中のためまだ受理されていませんが、次女の名前を決めて両実家へ
報告しました。

夏に生まれた女の子、元気に育ってほしい。
凛とした女性に。

命名したのは夫ですが、夫婦で悩んで決めました。
子どもの名前を考え、悩めるのは幸せな悩み。
この機会を与えてくれた次女に感謝しないとね。


戸籍上の名前は夫が決めましたが、このblogでの名前はミーナ同様私が。

2011年7月13日に生まれた次女、ここでは『ユカ』と呼ぶことにします。
よろしくお願いします。





最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-07-18 21:02 | 出産(ユカ編)
不育症で二人の天使ママです
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠
2010年春に娘を出産し、これからは育児のことも
書いていきます

2010年秋、陽性反応があり胎嚢確認
その後の記事もあります

読みたくない方はここまででスルーしてください


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*




世の中3連休&台風接近中。
水曜日から外へ出てないので外気温すらわからない…。


出産していなければ今日が40w0d、出産予定日でした。
もし誘発していなかったらまだお腹にいたのかな。
出産後、羊水が多め&臍帯を肩にかけていたからおりてこられなかったんじゃ
ないか、このままなら予定日過ぎて大きくなりすぎておりてこない可能性も
あったと先生が言ってたっけ。
ということは、やっぱり誘発してなかったらまだお腹にいたのかなー。



今朝になって、少しだけ母乳が出ました。
ホント少し、にじむ程度です。
まだまだなので頑張ってマッサージして、次女に吸ってもらって完母を目指します。


今日はドキドキの退院前診察の日。(母親のみ)
回復状態も気になるけど、抜糸すると言われているので朝から緊張( ̄▽ ̄;)
一瞬のことだと思うけど絶対痛いはずだし。
でもそのままって訳にもいかないし、逃げられないし(笑)

で、少し前に退院前診察が終わりました。

診察結果は、子宮の回復も順調で一安心。
骨密度も量ってくれて、年相応とのこと。
このまま食事に気をつけ、適度な運動をして骨粗鬆症の予防をしましょうと
言われました。

で、一番の心配(?)抜糸!
傷口の回復も問題なしで「抜糸するからねーちょっと痛いけど我慢して」
と声をかけられプチプチっと。
もう心拍数上がりまくり。
看護師さんが「痛いね、あと○ヶ所だから」と声をかけてくれました。
カーテン越しに緊張が伝わってたのね(>_<)ハズカシイ
痛かったけど無事に終わり、診察終了!
予定通り火曜日に退院許可がおりました。

次女は明日検査をして退院日を決定。
一緒に帰れますように。




最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-07-17 20:58 | 出産(ユカ編)

入院4日目【産後3日目】

不育症で二人の天使ママです
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠
2010年春に娘を出産し、これからは育児のことも
書いていきます

2010年秋、陽性反応があり胎嚢確認
その後の記事もあります

読みたくない方はここまででスルーしてください


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*




産後3日目です。
昨日から24時間母子同室になり、初めて夜も娘と一緒に過ごしました。
だいたい3時間おきに母乳(出ないけど)とミルク40ccを飲んでオムツ交換。
そして寝る。
の繰り返し、いい感じで寝てくれてラッキー♪と思っていたら、3時に飲んだ後
なかなか寝ない。
寝ないだけならいいけど、自分で顔の向きを変えて(うつぶせ寝の病院です)いて
途中で力尽きて戻れないとか、トントンするとウトウトして寝るけど止めると
起きて泣くとか。
なかなか寝てくれず、5時をまわり気がつけば外は明るくなった頃に就寝。
で、6時に母乳とミルク。
まだ初日だし、入院してるから昼寝できるけど退院したら無理。
5時には起きて朝食とお弁当作らないと間に合わないし、昼寝は姉妹が同時に
寝ない限り無理だろうし。
ま、なんとかなるさぁ♪


今朝は体重測定があり、乗ってみると出産前よりマイナス4キロくらい。
赤ちゃん+胎盤+羊水しか減ってないf^_^;
胎盤は大きめ、羊水も多かったみたいだから5キロは減ったと思ったのになぁ。
残りは全てワ・タ・シ。
あと約5キロ、なんとかせねば。


今日は退院指導がありました。
夫婦でビデオを観て先生の話しを聞いておしまい。
二人目ということで、先生も手短に済ませてくれたので早めに終了。
おかげて夫は娘を抱っこして触れ合う時間があり満足げな表情でした。

沐浴実習もあり、初めて沐浴させましたが次女もお風呂好きみたい。
暴れることなく、ほーっと気持ちよさそう。
少しずつ退院準備のようなことも始まって、これからの生活をイメトレ(妄想)
しまくっています。


さて、今夜も寝てくれるかなぁ。
明日は母乳がにじむくらいになるといいなぁ。





最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-07-16 20:12 | 出産(ユカ編)
不育症で二人の天使ママです
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠
2010年春に娘を出産し、これからは育児のことも
書いていきます

2010年秋、陽性反応があり胎嚢確認
その後の記事もあります

読みたくない方はここまででスルーしてください


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*




出産の記事にたくさんのお祝いの言葉をいただきありがとうございました。
コメント以外でアクセス数が増えていて、それもまた嬉しかったです。
みなさまの応援のおかげて今日の日があると思います。
本当にありがとうございました。


7月13日の朝、入院して誘発の錠剤を服用して剃毛やバルーンなどの処置。
すぐ2分間隔の陣痛がきましたが赤ちゃんが下がらず。
それでも14時6分に娘が誕生という早いお産で安産だったようです。
でも長女の時の方が痛くなかったような…
出産の時のことは、またゆっくり書かせてください。
自己満足だけど私自身の記録のため、これから出産を控えている方の参考に…
私のように不育症で辛い思いをされた方、PCOの方の励みになればと思っています。



今日で産後2日目です。
出産した日(13日)は疲労感はあるけれど、産後ハイ&子宮の収縮痛&腰痛で眠れず。
出血も多くフラフラでしたが、鎮静剤を打ってもらって少し眠りました。
長女の時にあった全身筋肉痛が今回なかったのは、分娩時間が短かったからなか。


翌日(14日)から9時~21時は母子同室になりました。
悪露は多い方だったようで、よくパッドが容量いっぱいに。
私の疲労感はピークでしたが、よく寝る赤ちゃんで助かりました。
まだにじみもしないけど吸ってもらってミルク飲ませてオムツ交換。
小さな新生児用のオムツから伸びる細い脚、緑の胎便(笑)
幸せにひたりながら、なんだか懐かしいなぁとこなして私もウトウトして。
でも時々来る収縮痛で目が覚めて眠れない。
痛み始めると横になって丸まってじっと堪えるのみ。
二人目以降の方が後腹は痛いって本当!
これじゃ夜眠れない、24時間母子同室になる前に寝ておかないと!と思って
助産師さんに相談。
収縮を和らげる座薬をもらい、なんとか朝まで眠りました。


産後2日目の今朝(15日)は朝から赤ちゃんがいます。
薬が切れたのか収縮痛は復活f^_^;
でも前日よりはマシになりました。
シャワーの許可がおりたので、ゆっくりサッパリ♪
診察もあり、経過は良好。
明後日には抜糸と言われ今からドキドキ(>_<)
診察の後に沐浴のビデオを観て復習。

午後からはラベンダーの香の中で音楽聞いてリラクゼーション。
メーカーの栄養士さんが来て調乳指導もあり、なんだか忙しい産後2日目でした。
(調乳指導やってる病院は少ないみたいですね)

今夜から夜も一緒になります。
どうかなー、寝てくれるといいなー。




最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2011-07-15 18:48 | 出産(ユカ編)