初めての妊娠で初期流産を経験した天使ママです。OHSS&抗核抗体陽性!不育症治療を続けて2010年4月に3,020gの女の子を無事出産しました。お気軽にコメント残してくださいね。


by 20071013

カテゴリ:**もも**( 12 )

ちょっと特別な日

不育症で二人の天使ママです。
OHSSになり、治療をして妊娠。
抗核抗体陽性で治療をして2010年春に長女を、
2011年夏に次女を無事に出産しました。
1歳3ヶ月差の年子姉妹育児のことを中心に書いていきます。



☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*



娘たちの成長記録を書く予定でしたが今日は1月25日。
私にとって、私たち夫婦にとって特別な日なので成長記録は
また別の機会にして・・・。

More
[PR]
by 20071013 | 2013-01-25 20:40 | **もも**

ももの日

不育症で二人の天使ママです
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠
2010年春に娘を出産し、これからは育児のことも
書いていきます

2010年秋、陽性反応があり胎嚢確認
その後の記事もあります

読みたくない方はここまででスルーしてください


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*



こんにちは。
週末は金曜日から実家泊、昨日は友達宅で女子会。
今日は地域の「ちびっことママらんど」へ。
外出続きでした。
おかげで私はリフレッシュ、娘はいい感じに疲れて
ここ数日は1時間とまとまったお昼寝をしてくれています。


今日、1月25日は私たち夫婦の第一子もも がお空へ
かえった日。
正確には24日の診察で、前日に心拍が停止したんじゃ
ないかと言われたのですが手術は25日。
この日までは私のお腹にいたので。
あれから3年、早いような・・・まだ3年?なような。

もものことをいつか忘れてしまうんじゃないかって怖かった。
でも忘れたことはない。
3年前のように泣き続けることはなくなったけれど、
ももへの思いは変わらない。


この3年間、いろんなことがありました。
退職、職訓学校、就職、多嚢胞卵巣、手術、多胎妊娠、
バニシングツイン、退職、出産・・・。
すべて、ももがいたから今があると思います。

あの時、ももが自分の命をもって私に教えてくれた
たくさんのこと。
だから今がある。
今すぐ近くに娘が寝ているのも、ももがいたからこそ。
もう一つの命がお腹の中にいるのも、ももがいたから。
ありがとう。
ももが私たち夫婦の子どもでよかった。
ありがとう。

今頃お空で、ふーちゃんと一緒に遊んでいるかな。
見守ってくれているのかな。
あなたがしてくれたことはたくさんある。
あなたにしてあげたかったことがたくさんある。
無事に出産できなくてごめんね、ありがとう。

ももがお空へかえってすぐ我が家へ来た『がじゅまる』
の木はぐんぐん大きくなって元気に育っています。
今は広い場所へ植えることができないけれど、いつか
植えかえたら、きっともっともっと大きくなるんだろうね。
そしたら、ももがいるお空へ届くかなー。

これからも見守っていてね。
ありがとう。



今日はなんとなくお花を飾りたくて。
濃いピンクのカーネーションを買ってきました。
夫は気付くかな。




最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村

More
[PR]
by 20071013 | 2011-01-25 13:14 | **もも**

予定日だった日

不育症で二人の天使ママです
抗核抗体陽性&OHSSになり、治療をして妊娠
2010年春に娘を出産し、これからは育児のことも
書いていきます

☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・*



こんにちは~。
ここ数日、午前中は窓全開&扇風機でなんとか乗り切れる
くらいの気温になりました。
娘は一番風通しのいい場所で朝寝中。
あと30分くらい寝てくれるといいな~。


昨日は私達夫婦の第一子ももの出産予定日だった日でした。
9w6dでお空へ旅立った我が子。
戸籍上はミーナが第一子ですが、私にとっての第一子はもも。
いつかあの子のことを忘れてしまうのではないかと怖くなった
こともあるけど、忘れることなんてないなぁ。

もし、もしも・・・。
あの子が無事に生まれてたら2歳。
どんな子どもだったのかな。
でも、ももがいたら、たぶんミーナはいなかったでしょう。

ももは私達夫婦に沢山のことを教えてくれました。
妊娠、出産は簡単なことではない。
奇跡の連続であること。
私が不育症であること。
まだ親子3人の生活をスタートさせるのは早い、もっと
二人の時間も楽しいということ。


昨日はもものことをよく考えました。

ありがとう もも。
あなたがいたから今の私達がある。
お空では笑顔でいられますか?
ももが笑顔でいられたら、それは私達夫婦の幸せでも
あります。
今、ミーナがいるのはあなたがいたから。
ほんとうにありがとう。


我が家には仏壇もないし、お寺で供養して
もらっていません。
供養をしてもらった方がいいのかなと思ったことも
ありますが、ももが亡くなったとは思えなくて。
ちょっと遊びに来て帰って行った。
そんな感じ。
いつも近くで見ていてくれる。
背中を押してくれる。
そんな存在。

ももの母子手帳は大切にしまってあります。
いつかミーナに話す日もくるのかな。
その時まで心の中にしまっておこうと思います。
でもね、もものことを忘れたりしたわけじゃないよ!
あなたは間違いなく私達の第一子だもんね。




最後までお付き合いくださってありがとうございます
どちらかポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 不育症から出産、育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村
[PR]
by 20071013 | 2010-08-31 10:19 | **もも**

流産から2年

おはようございます
今日からまた一週間が始まるな~
ってカレンダーを見ると1月最終週!
え?この前お正月だったよね(≧▽≦;)



今日、1月25日は私たち夫婦が第一子『もも』と妊娠9w6dでサヨナラをした日

2年前の昨日、流産宣告を受けました
2年前の今日、流産手術をしてももとサヨナラをしました
2年前の今頃はもうお腹の中には心臓が動いていないと言われたももがいた
夜もほとんど眠れず迎えた朝
「ももの心臓の動きが止まっている」「今日が手術日」ということが信じられず
ずっと泣いていた
涙は枯れることがないんだと実感するほど泣き続け夫にしがみついていました


1年前は仕事を理由に赤ちゃん待ちをしていませんでしたが、本心は
私が赤ちゃんを迎える準備ができていなかった
あの時、まさか1年後自分が妊娠していてお腹が大きいなんて想像して
いなかったなぁ
もし、あの時ももを出産していたら今頃たーちゃんはいなかっただろう
今、たーちゃんがいるのはももとサヨナラしたから
比べることはできない、ももとたーちゃんは同じ私たちの子ども
もちろんふーちゃんもね


ももが私たち夫婦のところへやってきてくれたことは事実
そして悲しいけれどサヨナラしたことも事実
あれは夢だったかもと思った、思うようにした時期もあったけれど最近はやっと
「ももがいてくれたから、あの時サヨナラしたから今がある」と思える
ようになりました
ももが教えてくれた沢山のこと
私たち夫婦にとって大切なことばかり


最近はたーちゃんがお腹にいてムニムニぽこぽこ動いているけれど
もものことを忘れたことはない
ももはエコー画像をプリントしてもらっていないから写真もなければ位牌もない
戸籍にも記載されていない
あるのは母子手帳とエコー画像の入ったCDR、私たち夫婦の記憶のみ
それでも大切な大切な第一子もも
あなたのことは一生忘れない
もも、ありがとう




にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症から妊娠へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


More
[PR]
by 20071013 | 2010-01-25 07:22 | **もも**

出産予定日だった日

昨日退院し、自宅でのんびり過ごしています
不安な入院生活も皆様の応援のおかげで乗り越えることができました
本当にありがとうございました




今日は私たち夫婦の第一子ももの出産予定日だった日です
一年前の今日、生まれていたら1歳のお誕生日
もう歩いてたかな~
色々食べれるようになってるかな~
数日前からそんなことを考えていました

ももが今いてくれたらどんなに嬉しいか・・・
そんなことが頭をよぎることがありますが、もしそうだったとしたら
今お腹にいる赤ちゃんたちは存在していないかもしれない
ももが教えてくれた沢山のことがあるから、今私のお腹には
新しい命がある
もも、お空から見ていてね

夫は今日がどんな日か覚えているかな
もし覚えていなかったとしても、もものことを忘れることはない



もも、お空で楽しく過ごしていますか
お友達はできたかな?
あなたがいない今、寂しい気持がないと言ったら嘘になるけど
今あなたが笑顔でいてくれるならそれで十分
お空から見守っていてね




にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
[PR]
by 20071013 | 2009-08-30 06:38 | **もも**

流産から一年

一年前の昨日、流産宣告を受けました。

一年前の今日、流産手術をしてももとサヨナラをしました。

一年前の今頃はもうお腹の中はからっぽ。
涙は枯れることがないんだと実感するほど泣き続け夫にしがみついていました。




そして一年後。



色々とやりたいことはあったけど用事が沢山の一日でした。
家でゆっくり過ごすよりバタバタとしていてよかったのかもしれません。

  一年前、ももとサヨナラして悲しくて・・・
  何かをももの代わりに育てたくて。
  ももの代わりになるものなんてないのにね。
  でも、その植物を見るともものことを思い出せるかな~って。
  忘れることなんてないけど。
  その時に買ったのはリトープスという多肉植物。
  切り花は枯れてしまってまた悲しくなりそうだったからあえて選びませんでした。
  そして花が咲いていない時期も可愛いなって思えるものが欲しくて。

今年はお花を買って・・・
と思っていたけど、昨日買えなかったしなぁ。
夫に「また何か植物を一個買いたいな~」と伝えて買いに行きました。
あちこち探してやっと「これ、育てたい」と思える植物に出会いました。

e0167373_20482433.jpg  
 
 左:アストリディア(今日購入)

 右:リトープス(昨年購入)



今日出会ったアストリディアの和名は明日紅だそうです。
夫も気に入って鉢も一緒に購入。
ももは気に入ってくれたかな?
ちょっとシワがあって水分不足かな?と思うけど、水分が多くてダメになることもあるし
水をあげるか迷っています。
育て方を検索してリトープスと同様大切に育てます。

アストリディアをお店から車に運ぶ時、車から家に運ぶ時、鉢に植え替える時。
夫はとても丁寧に扱っていました。
なんだかそれが嬉しかったなぁ。



何を書いているのかまとまりがないなぁ。
あれもこれも、思うことが沢山あってまとまりません。
ブログを書きながらも私の心はコロコロかわって安定していないからまとまらないのかも。



ももとサヨナラして一年。
あの時は「なんで?私の心臓も一緒に止まればよかった」と思いました。
一年後にはまた妊娠していると信じて疑ってなかった。
すぐにでも妊娠したいと思っていました。

そして一年後の今日、私は妊娠していません。
まだ赤ちゃんを迎える準備ができていません。
でもあの時よりは笑顔が増えているかな。
そして、もものことを忘れたことはないよ。
今日もふとした瞬間に「ももが生まれてきてくれたいたら今頃・・・」と何度も思った。
夫はどうだったのかな。
覚えていたかな。
私が植物を買いたいって言って思い出したかな。
思い出さなかったかな。


もも、お空で見ててね。
それといつでもいいから、夢の中でもいいから会いに来てほしいな。
いつでも歓迎するよ~
きっとパパも歓迎してくれるはず。
会いたいな。




にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
[PR]
by 20071013 | 2009-01-25 21:10 | **もも**

落ち着かない心

天気予報通り今朝は寒かった002.gif
夫は休みだったのでいつもより1時間ゆっくり寝て6:00起床。
準備をして出勤。
今日は雪が舞う一日でした。
お日様は出ていたので積もることはありませんでしたが寒かった~
今日もホッカイロのお世話になり無事にお仕事終了。

帰宅途中に大型スーパーの中のお花屋さんへ立ち寄りました。
一年前の明日はももとサヨナラした日。
一年前の今日はももの心臓が動いていない・・・と、流産宣告を受けた日。
忘れたことは一日もないけど、明日くらいはもものために何かしたいなと思いました。
でも、お花屋さんには鉢植えのお花が多くて切り花が少ない008.gif
「見切り品」表示の弱ったお花、小菊、かすみ草・・・
悩んで悩んで買いませんでした。
明日もっと素敵なお花に出会えるかもしれないし056.gif




1月25日、明日をどんな気持ちで迎えるのか不安。
心がクルクル落ち着かない。




明日は掃除や洗濯もしたいし、夫と出かけることになっているし・・・
あっという間に夜になってしまいそうだけど、できればもものためにお菓子を作りたいな。




エコー画像をプリントしてもらっていないから写真もなければ位牌もない。
あるのは母子手帳とエコー画像の入ったCDR。
両方とも引き出しにしまいこんでいて、出産予定日だった日に開けたっきり。
あるのは私の記憶の中だけ。
夫は忘れてるかな。
どうなんだろう・・・




もも、お空の上は寒くない?
夢の中であなたに会えると嬉しいな。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
[PR]
by 20071013 | 2009-01-24 21:00 | **もも**
一年前の今日、妊娠検査薬で初めて陽性が出ました。
ももがお腹に来てくれたことがわかった日。
数日前から「もしかして・・・」と思いながら今度の休みまで待っていました。
頭痛がして鎮痛剤を飲みたくてその前にと検査してみるとすぐにくっきりと。
嬉しくて嬉しくて誰かに話したい、でも本当なのかまだ信じられない。
とりあえず夫の帰りを待ってもう一度検査。
無言で検査結果を夫に見せました。
あの時の何とも言えない夫の表情・・・
やっと出た言葉が「おめでとうございます」
お腹をナデナデしてくれました。
一週間後、病院へ行き正常妊娠を確認。
その日のうちに母子手帳をもらいました。

あれは夢じゃなかったよね。
数週間だったけど私たちを親にしてくれたもも。
一ヶ月後に心臓を動かすことをやめてしまったね。
色んなことを教えてくれたし、あなたに出会えたことをとっても嬉しく思っています。
もも、お空から見ていますか?
まだまだ未熟であなたの弟か妹を迎える準備ができてないけど、来年は迎えられたら
いいな~って思っているよ。
お空から一番いいタイミングで授けてね001.gif


今朝、体温が下り赤いお客さんが来ました。
そろそろだなと思ってたけど今日かぁ。
これも、ももが決めたのかな。
そう思ったら憂鬱じゃないから不思議。
身体のリズムもいい感じ。
来年に備えるぞ!!



☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆


昨日、夫と二人で自宅近くの道の駅へ行ってきました。
都会に比べたら小さいですがライトアップしていてデートスポットとなっているところです。
冬場は仕事が忙しくクリスマスデートなんてしたことがなかったし、もちろん一緒に
イルミネーションを見たこともありませんでした。
出かける前からウキウキ060.gif

到着してみると平日だったから人も少なくちょっと寂しいけどキラキラと綺麗072.gif
寒いけどワクワクしていました。
きっと今日、明日は人が多いんだろうなぁ。
こうやって二人でクリスマスを過ごすのも今年くらいかな~
来年もかな~再来年には三人になっていたいな~
一人で妄想族になってしまっていました(笑)

帰る前に一枚だけ写真を撮って帰ってきました
e0167373_884349.jpg

まだまだ恋人気分053.gif



にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
[PR]
by 20071013 | 2008-12-23 08:11 | **もも**

流産後のココロとカラダ

術後は普段の生理痛よりも強い腹痛と少なめの出血。
あまりの痛さに病院へ確認をしてから市販の鎮痛剤を飲みました。
術後一週間は仕事も休んでいたので家でゴロゴロ。
夫も毎日仕事を午前中で切り上げて帰ってきてくれました。
これがどんなに嬉しかったか、心強かったか。
二人でレンタルしたDVDを見たり一緒にお昼寝してみたり・・・
この頃も一人になることが怖くて仕方ありませんでした。

一週間後の検診で経過は良好とのことでしたが、少量の出血は1か月ほど
続きました。
時々めまいがありましたがこれも出血のためかなとそのままにし、週明けからは
仕事復帰もしました。

私が妊娠していたことはもちろん流産のことを知っているのは直属の上司と
休日の手続きをしてくれた総務の数人だけ。
約一ヶ月の休暇を「体調を崩して休んだ」と思っているまわりの人は心配して声を
かけてくれました。
でも理由を話すことはできない。
話すと涙が出てしまいそうだから。


仕事復帰をして約一週間後、ひどいめまいと耳鳴りに悩まされました。
朝起きた時は一番つらくて数歩歩いてはしゃがみ込む、ひどい時はその場に倒れて
しまっていました。
おかしい・・・と思ってはいたけど、それでも仕事へ行ったのです。
夕方、耳鳴りがして船酔いのようなめまいに襲われました。
もう無理だと思って仕事帰りに病院へ。
自分で車を運転して行ったけど、今思うとよく事故せずたどり着けたなと不思議なくらい。

かかりつけの産婦人科へ行った方がいいかもしれないとは思ったけれど
そこまで無事に着く自信もなかったし、耳鼻科へ行こうとおもったので帰り道にあった
新しい病院へ飛び込みました。
1時間くらい待った後、ゆっくり話を聞いてくれる女医さんの前に座り話をしました。
検査の結果や私の精神状態からすぐにメニエール症と診断。
自分の想像をはるかに超えるショックだったんだな~

よく考えてみたら、精神的ショック、睡眠不足、めまい、耳鳴り・・・
ここまで考えただけでもメニエール症。
しばらく通院し、春には改善されてきました。


流産から25日後、生理も始まりました。
無事に生理が来たことは嬉しかったけど、本当にお腹の中はからっぽなんだと実感。
また涙、涙、涙。


カラダは少しずつ回復してもココロが追い付きません。

ネットで流産について色々と調べ「不育症」という言葉も知りました。
そして、流産を経験した人がブログを書いていることも知りたくさん読ませていただきました。
読みながら涙。
それでも読んで読んで。
自分と同じ体験をした人がどうやって今を過ごしているのか知ることで、自分がこれから
どうしたらいいのか知りたかったのかもしれません。
そして、頑張って治療をして次の妊娠を望んでいる方、無事に出産をした方が沢山。
私も頑張ろうと初めて思えました。


少しずつ少しずつココロも落ち着いてきたかな・・・
と、思ったらまだまだダメだ~
1歩進んで0.5歩戻る感じ。
(「3歩進んで2歩下がる」と言うほど前に進めていないから)




私のココロが落ち着くにはまだしばらくかかるのでした。





にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
[PR]
by 20071013 | 2008-12-03 18:31 | **もも**

流産手術

2007年1月25日

前日何時に寝たのか記憶はないけど気がつけば朝。
モモとお別れする日。
前日から絶食だったので朝食は夫が一人で取りました。

何もないのに勝手に涙が流れてきたり、少しでも一人になるのが怖くて
常に夫にくっついていました。
夫は仕事を休んでくれて一緒に病院へ行ってくれました。
家を出る時「行きたくない」と泣いてしまい、夫になだめられてやっと車に。
自宅近くの病院だからあっという間に到着。
それでも「今はももがお腹にいるけど帰る時にはいないんだ~」と思うと
また涙。
涙って枯れないんだ。

病院に着くとすぐ診察室へ入って処置。
その時に改めてエコーで赤ちゃんの心臓が動いてないことを確認。
そして個室へ行き着替え。
日帰りだったので病院の好意で部屋代はかかりませんでした。
精神的にボロボロで座っているのも辛く横になっていましたが、その時も
夫と手をつないでいました。
誰かに触れていないと落ち着かなかったのです。

時間になって看護師さんに呼ばれ自分で歩いて手術室へ行きました。
分娩台に乗り、看護師さんが準備をしてくれます。
手術室が寒くてふるえているのか、怖かったのかずっと震えがとまりませんでした。

そして麻酔を点滴から入れます。
「一緒に数字を数えてね」と看護師さんから言われ、順番に数えました。
1から10まで数えて、また1に戻って・・・
なかなか麻酔がききません。
先生が入ってきたのもわかりました。
器具の音も先生の声も聞こえました。
下腹部が痛かった。
ほとんど麻酔が効いていなかったのです。

声にならない声で「あ~」とずっと叫んでいたと思います。
「寒い」「痛い」「いや」この3つも叫んでいました。
そして彼の名前も叫んでいました。

あっという間に手術は終わり少し会話ができるようになった時、看護師さんに聞きました。

 私「赤ちゃんは?」

 看護師「・・・。」

 私「赤ちゃんは痛くなかった?」

 看護師「痛くなかったよ。」

 私「苦しくない?」

 看護師「苦しくなかったよ。」

 私「よかった」

この時の看護師さんの目に涙が見えたように思います。

術後5分くらい休んで病室へ歩いて戻りました。
病室では彼が待っていて迎えてくれました。
点滴をしていたので点滴の説明を看護師さんがしてくれました。
その時に看護師さんが

 「麻酔が効きにくかったね。ごめんね。辛かったね。
  私も普段は明るく子どもの話をしてるけど、実は流産してるのよ。
  でもね、原因を調べて治療して今は小学生の子どものお母さん。
  原因がわかれば治療もできるから大丈夫」

と言ってくれました。
この話を聞いてまた涙です。

点滴が終わるまで夫に手をつないでもらって少し眠りました。
目が覚めると点滴も終わりかけ。

 私「お腹からっぽになった・・・ごめんなさい」

 夫「謝ることない」



看護師さんが点滴を外してくれて、病院が用意してくれたトーストと紅茶を
いただきました。
絶食していたからあっという間に完食。
また少し休んでから診察室に呼ばれました。

先生からは、全てを取り除けてはいないけど後は自然と出てくるとのこと。
無理に取り除いて子宮を傷つけてしまっては大変だから。

一週間後に予約をして帰宅しました。



帰宅して布団に入ると、近くにあったはずの「たまごクラブ」が片付けられていました。
手術で着ていたネグリジェも「見たくないだろう」と夫がすぐに処分。
夫なりの気遣い。

ちょうど金曜日だったので翌日、翌翌日は夫も仕事が休みでずっと一緒にいてくれました。
それがどんなに心強かったことか。
そばにいてくれるだけで嬉しかった。
でも悲しみが消えることはなかった。

ももとサヨナラしたこの日、今まで生きてきた中で一番悲しい一日となりました。


9週という短い間だったけど、私たち夫婦の元にももが来てくれたことは事実。
授かったことが嬉しかった。
無事に産むことができなくて悲しかった。
みんなごめんね。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
[PR]
by 20071013 | 2008-12-02 19:09 | **もも**