初めての妊娠で初期流産を経験した天使ママです。OHSS&抗核抗体陽性!不育症治療を続けて2010年4月に3,020gの女の子を無事出産しました。お気軽にコメント残してくださいね。


by 20071013

初妊婦健診【9W1D】~バニシングツイン~

陽性反応後の記事です
悲しい現実も書いてあります
読みたくない方はスルーしてください

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症から妊娠へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ


☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡。.:・*゜☆彡.。.:・* ☆彡。.:・



おはようございます
今日も夫はジョギングに出かけました
体力作りに余念のない人だなぁ


昨日は9W1D、初めての妊婦健診でした
結果から書くと、第一子が消えていて双胎から単胎となっていました
悲しいことですがそれが現実
ここから先は私の心の整理のため、ふーちゃんのことを記録するため書きます
辛くなったり不快に感じるかたもいらっしゃるかもしれません
どうぞスルーしてください
















予約時間ちょうどくらいに呼ばれてまずは体重、血圧、心拍数測定を
してから内診
出血もなく子宮も卵巣も状態は良好
最初の妊婦検診ということで検査項目が多く、エコーまでいつもより時間が
かかりました

いよいよエコー
最初は画面が先生の方を向いていて私には見えませんでした
卵巣の腫れも大丈夫、今までは縦に並んでいた二人が横に並んでくれている
ので見やすくなっている、どっちが第一子か・・・
と言いながら少し無言になる先生
ほんの数秒のことだと思いますが長かった

私にも画面が見えるようにしてくれて、先生が説明してくれました

 先生「ここが子宮の入り口ね。こっちが第一子。消えてますね。」

思わず「え???」と声が出てしまい、その後は涙があふれてきました

 先生「第一子GS37mm。で、こっちが第二子。こっちが頭ね。ここで動いて
     いるのが心臓。これが手。今、手を動かしたでしょ。わかった?
     第二子GS44mm、CRL23mm。週数相当だね。こっちは順調です」

頭の中は混乱するし涙も鼻水も止まらない
看護師さんがカーテンの向こう側からそっとティッシュを渡してくれました
洋服を着て涙を拭いて、診察室へ移動
骨盤の大きさを測ってもらいました
測りながら「測って終わったらご主人に入ってもらいましょうね」と看護師さん
お仕事なのだとは思いますが、いつも私の気持ちに寄り添ってくれる方
本当に嬉しいし心強い、この病院に通い続ける理由の一つです

その後、夫も入ってきて説明を受けました

 *第一子は消えています、子宮内胎芽死亡です。つわりが軽くなったのもたぶん
  このせいでしょう。
 *第二子は順調、今日は手も動かしていました
 *これから出血があるかもしれませんが、心配はないと思います
  出血したらいつでも連絡をして受診をするように
 *二卵生で片方が消えてしまうことは、母体にかかる負担は軽減される
  仕方ないことです。
 *原因ははっきりわかりませんが、この時期は母体が原因ではないでしょう
  考えられるのは、精子異常。二卵生の場合、良くない精子が入ってしまった
  方が消えるということはありえます。卵子側の原因であることは少ない。
 *とりあえず簡単な家事、少しの散歩はOK
 *実家への帰省(車で30分)はOK、でも動きまわってはダメ。のんびりすること。
 *次回は2週間後

夫は落ち着いていました
はっきりと言う先生なので、言葉を選びながらも事実をはっきりと言います
自分が原因と言われてしまって夫は辛かっただろうな
母子手帳に記入をしてもらい、第一子の方の母子手帳には【子宮内胎芽死亡】と
書かれていました
先生は第一子の母子手帳は保管しておいて次回からは必要ないと言いました
現実をつきつけられた感じ
説明後、私はhcg5000を打ってもらい終了

待合室には妊婦さんがいて泣くわけにはいかない
夫に「ごめんなさい」と言うので精一杯
支払を済ませて薬をもらって帰宅しました
この日の支払い7,720円
妊婦健診補助券(16,000円分)を使用してもこの自己負担分って・・・
お薬は出たしhcgも打ったからこんなものなのかな
高いですね


帰宅してからは意外と落ち着いていて自分でもビックリでした
いつも通りテレビ見たりお風呂入って夕食を食べてゴロゴロして
寝室へ移動
でも涙があふれてきてしまった

 ふーちゃん、ごめんね、苦しかったよね
 たーちゃんの心配ばかりしてたから寂しかったかな?
 ごめんね
 もも、お空から見てたかな?
 ふーちゃんはももと一緒にいる?
 二人とも無事に産み育てたかった
 ももだけじゃなく、ふーちゃんもお空へかえってしまった
 ごめんね
 つわりが辛いって言いすぎたから親孝行だったのかな
 あれくらいのつわり、まだまだ大丈夫だったのに弱かったね、ごめんね
 もも、ふーちゃん、二人でたーちゃんの成長を見守ってね

夫も気づいて「ユリチャンのせいじゃない、悪くないから泣くことない。僕のせい。」
と言いました
違う、誰のせいとかそういうことじゃない
授かった命を産むことができなかった、一度ではなく二度も・・・
大切な命なのに
私には一度に二人を授かるなんて贅沢だったのかな

夫は「今日病院で話聞きながら、妊娠して出産することは本当に奇跡と思った。
自分が原因と言われたけど、思ったより冷静に落ち着いて話が聞けた。
昔だと今の時点で双子とはわからず、気付かないまま片方がダメになることは
あったんじゃないかな。早くから双子とわかってしまったから。悲しいけど仕方ない。
泣くのは辞めて、今いる子のことを考えんと。頑張ってくれてるこの子を大事にしよう」

そんなことを話していました
本当に妊娠出産は奇跡
授かった命を育てることのできない自分
でも今もお腹には、たーちゃんがいて頑張っている
この子を守らないといけない
わかっている、わかっている
夫の言うこともわかる
でもね、どうしても感情的になってしまう
受け入れないといけない現実、わかっている
男と女の違いなのかな


昨日はなかなか寝付けず今もちょっと眠いです
今日から実家へ1~2泊で帰ります
妊娠の報告もしてくるつもり
双胎妊娠だったことは言いません
病院でも「まだ報告していないなら言わないほうがいい」と言われました
心配かけるもんね
でも、言いたい
だって、ふーちゃんの存在を消してしまいたくないもん
たぶん言わないだろうけど
10週を超えてから報告したかったけど、お彼岸もあるし帰らないわけには
いかない
敬老の日もあるから妊娠がわかってから会えていない祖母にも会いに
行きたいし
(祖母へは4ヶ月を超えるまで報告はしないつもりです)

さて、着替えて朝食準備
つわりは終盤のようでだいぶ楽になってきました
でも無理せずのんびりと生活しようと思います



まだまだ心の整理がつかずまとまりのない記事を最後まで読んでくださって
ありがとうございました
[PR]
by 20071013 | 2009-09-20 07:37 | 妊娠初期(ミーナ編)